淫語なせんぱい02 保健委員なせんぱいは敬語でジト目でローテンション

淫語なせんぱい02 保健委員なせんぱいは敬語でジト目でローテンション

淫語なせんぱい02 保健委員な先輩は敬語でジト目でローテンション キャラクターイラスト 画像

イラストは芹ざわさま!
DTPART G/010

淫語なせんぱい02 ヒロイン紹介


         
  名前   秋 
  特徴   保健委員を務める、ひとつ年上の上級生。
 淡々とした口調かつ他人行儀な敬語であなたに接する。
 何気に毒舌。



CVは涼貴涼さま!
Y・O・M・O・G・I

淫語なせんぱい02 内容紹介


保健医の先生が所用で席を外す時間帯を狙って、ぼくは保健室を訪れる。
保健委員を務める先輩と二人きりになるために。
いつか、ぼくの純粋な想いが先輩の心に届くことを願いつつ……

「また貴方ですか。迷惑です。お帰りください」
「おち○ちんがパンパンに腫れ上がるのは病気ではないと何度も教えたでしょう」
「貴方が深刻な病気を抱えているのは、おち○ちんとは別の部分です。おおむね手遅れです」

……そんなことを言いながらもオナニー手伝ってくれる優しい先輩は、
「おち○ちんをしごき上げる手の動きが、ものすごく慣れていて気持ち悪いです」
「その旺盛すぎる性欲に振り回されて、いつか取り返しのつかない失敗をしでかすのでしょうね」
「待ちなさい 『ぼくのために処女』 とはどういう意味ですか。貴方のためではありませんが」

……だ、だけど、脱ぎたてパンツ舐めさせてくれたし2発目も射精させてもらえて、
「そこまでして私にち○ぽを触ってもらいたいのですか変態ですね」
「私のパンツに射精させてもらえたことがそんなに嬉しいのですか変態ですね」
「貴方のあらゆる行動に変態っぷりがにじみ出ますね。骨の髄まで変態なのですね」

――そんな、誠意にあふれた一途で純情な少年と、
素直な気持ちを言葉にすることがちょっぴり苦手な年上少女との、ビタースウィートな恋物語。

「それは貴方の誤解です。勘違いです。思い込みです。自意識過剰もいいところです。むしろ引きます。怖じ気が走ります。うぬぼれも大概にしてください。気持ち悪いです。あと気持ちが悪いです。 私の人生に貴方など必要ありません。貴方が倒れようがち○ぽがもげてしまおうが、私にとってはどうでもいいことです。貴方のおかげで私の人生はメチャクチャです。本当に迷惑しています」

……ぐすっ。 恋物語っ!!

淫語なせんぱい02 プレイ内容紹介


第1話 先輩に新品チ○ポを見てもらう (11:18)

憧れの先輩にセンズリ姿を鑑賞してもらう貴方。
冷ややかなジト目を勃起チ○ポに向けながら、先輩は淡々とした口調で貴方を罵り小馬鹿にします。

第2話 先輩が脱ぎたてパンツを食べさせてくれる (16:38)

先輩がパンツを脱いで床に置いてくれます。
イヌ扱いされパンツの匂いを嗅ぐよう命令されて、嬉々として貴方は四つんばいになります。

第3話 先輩のチ○ポビンタで2発目射精 (10:23)

チ○ポに直接触れないよう、医療用のゴム手袋を装着する先輩。
チ○ポをパンツで包ませて、淡々と罵りながら勃起チ○ポを叩いて射精させてくれて。

第4話 目を覚ましたら先輩がチ○ポしゃぶってた (20:53)

保健室のベッドで目を覚ますと、先輩がフェラチオしてくれていました。
いつもと様子の違う先輩は、貴方を罵りながらキ○タマを咥えたりしゃぶったり。

第5話 先輩はヴァージンま○こを拡げて見せて (5:59)

先輩がおま○こをくぱぁと拡げて見せつけながら、セックスを求めてきて……。

第6話 先輩とぼくの初体験 (24:34)

ずっと憧れていた先輩と、初めて同士の初セックス。

エピローグ (2:34)

お楽しみに。

淫語なせんぱい02 体験版

inserted by FC2 system