妹のすべては兄さまのために。【淫語ないもうと03 リライト】

妹のすべては兄さまのために。 【淫語ないもうと03 リライト】

妹のすべては兄さまのために。 イメージイラスト 画像

イラストはこすもさま!
ひまこや。

妹のすべては兄さまのために。 いもうと紹介


         
 名前   樹 (いつき)
 特徴   本家嫡男である兄の下女兼性処理道具として生を受ける。
 「淫語ないもうと03 尽くす女ないもうとは朝から晩まで〜」
 全面改稿作品です。




CVは大山チロルさま!
M=M

妹のすべては兄さまのために。 内容紹介


都心からやや離れた閑静な住宅街の一角に、歴史ある名家の別邸があります。
そこでは将来を嘱望される本家の嫡男が、妹とふたり静かに暮らしています。

兄はいずれ家督を継いで一族の長となるべく学業に励む。
妹は兄が妻を娶るまでの間、下女として兄に仕え、生活を支える。

一族に古くから伝わる歪な因襲に従って、
妹は兄の身の回りの世話をし、また性処理に勤しみます。
兄の陰茎を丁寧に舐め回し、根元まで咥え込み、喉の奥で射精を受け止めて。
兄が雑念に惑わされず学業に集中できる環境を整えるため。
本家跡継ぎの輝かしい人生の、ごく一時期を支える道具としての役割を果たすために。

敬愛する兄の役に立てる喜びを胸に抱いて、妹は日々、兄に跪きます。
近い将来、兄が妻を迎える日まで。妹としての務めを終える、最後の瞬間まで。
自らのすべてを兄に捧げ尽くそうと、妹は心に決めています。

妹のすべては兄さまのために。 プレイ内容紹介


第1話 朝は兄さまに快適な目覚めを提供することが妹の務めです (24:02)

うっとりと兄の寝顔に見惚れる妹、樹。
快く起床していただくため、兄の朝勃ちを、そっとお口で包み込みます。

第2話 休憩時間に兄さまを一人にしてさしあげるのも妹の務めです (12:09)

妹は兄の性処理道具であり、兄のほうから妹の身体に触れることなどありえない――
重々承知していながらも樹は、兄に愛撫してもらう妄想に耽り、自らを慰めます。

第3話 午後は兄さまに勉学に励んでいただくのが妹の務めです (23:49)

兄の机の下に潜り込み、樹は淫らな言葉で誘惑しながら、お口で手足で奉仕します。
性的な快感程度で集中を乱すような男は、一族の長にふさわしくありません。

第4話 妻を娶る日まで兄さまの身体のお世話をするのが妹の務めです (10:26)

普段とはどこか様子の異なる兄。
抵抗する樹を強引に抱き寄せ、唇を奪おうと……。

第5話 妹の身体の世話など兄さまの務めではないのです…… (18:20)

樹を全裸にさせ淫らな姿勢を取らせて、兄は敏感な部分に触れ始めます。
激しい悦びと戸惑いに声を震わせて、樹は……。

第6話 兄さまのお身体を汚してしまう女は妹失格です…… (7:24)

お楽しみに。

妹のすべては兄さまのために。 体験版

妹のすべては兄さまのために。 制作の経緯につきまして


他の 「淫語ないもうと」シリーズ3作品 と同様に
「淫語ないもうと03」 も初体験のお話(完結編)を制作する準備があったのですが、
ある時期より本編に出演していただいた声優さまのサイト更新がストップし、
メールをお送りしても返信をいただけなくなってしまいました。

ニードロップは 「淫語ないもうと03」 の声優さまのお声がとても好きなので、
完結編の件をメールでお伝えし、「いつか出演が可能になりましたら返信を」 とお願いしました。
2012年末までお待ちして、さすがにこれ以上はと依頼を断念し、CVの変更を決めた次第です。

なお本編と完結編とでヒロインが別人になってしまうのを避けるため、
完結編を制作する前に本編のシナリオも全面的に改稿し、新たに公開することにしました。
ストーリーを変えないよう注意しつつ当時は描けなかったプレイを挿入し、
また全体に繰り返し手を入れてセリフ全般を修正しました。

リライト作品の出演は、大山チロルさまにお願いしました。
もともと 「淫語ないもうと03」 はニードロップのお気に入り作品で、
自分としては初期の作品の中でも一二を争う出来ではないかと考えています。
そこからさらに大幅にクオリティを高めるために、
CVを変更する場合は大山さまのお力をお借りしたいと以前より希望していました。

 ※

初体験のお話(完結編)も、年内に制作に取り掛かることができればと思っています。
体調不良のため2014年6月現在、
新規シナリオの制作に取りかかることができない状況が続いています。
具体的な時期などお伝えできず恐縮ですが、
自分としてはこのお話を完結させたいと願っています。

もし書き上げることが出来れば、とてもニードロップらしい物語になると思います。
いまのところ仮タイトルは 『妹と逃避行。』 となっています。
『妹のすべては兄さまのために。』 を気に入って下さった方は、どうか、お楽しみにお待ちください。

inserted by FC2 system